読み手と書き手の交流サイト

読むCafe
 

【作家志望必見】2017年上半期に締め切りの新人賞・文芸賞のスケジュールまとめ

  • 書き方講座
  • 2016.12.13

約 1031

いつか作家デビューすることを夢見て原稿を執筆している方にとって、デビューの最短ルートともいえるのが「新人賞・文芸賞への応募」です。
作家デビューの方法として、最もイメージの湧きやすいものでもあるのではないでしょうか。

とはいえ、インターネットで検索すると、締め切りを過ぎたものも含め、たくさんの情報がヒットします。

作家デビューするために新人賞や文芸賞に応募したいけれど、いったいどうすればいいのかな――そんな悩める“作家のタマゴ”に向け、新人賞・文芸賞の基礎知識と2017年上半期の新人賞・文芸賞のスケジュールをまとめました。

新人賞とは
新人賞とは、出版社が作家や作品を発掘するために作品を募集し、優秀作品を選ぶものです。

賞によって異なりますが、受賞した作品は雑誌に掲載されたり、出版されたり、賞金を受け取れたりといった待遇を受けられます。

実は、有名作家の中にも新人賞をきっかけとしてデビューした方が多くいらっしゃいます。

・石田衣良さん『池袋ウエストゲートパーク』、オール讀物推理小説新人賞
・朝井リョウさん『桐島、部活やめるってよ』、小説すばる新人賞、
・森絵都さん『リズム』、講談社児童文学新人賞
……など、新人賞は作家の登竜門ともいえる役割を果たしているのです。

出版社は眠れる才能を発掘することができ、作家志望者はデビューのチャンスを得ることのできる新人賞・文芸賞。
賞金が出るものもあります!

スケジュールをチェックの上、狙いをさだめて執筆を進めてみてください。

2017年1月の新人賞・文芸賞

1月10日 ノベル大賞

1月31日 江戸川乱歩賞

1月10日 小説現代長編新人賞

2017年2月の新人賞・文芸賞

2月28日 オーバーラップ文庫大賞

2月28日 開高健ノンフィクション賞

2017年3月の新人賞・文芸賞

3月31日 すばる文学賞

3月31日 小説すばる新人賞

3月31日 文藝賞

3月31日 ミステリーズ!新人賞

3月31日 角川ビーンズ小説大賞

2017年4月の新人賞・文芸賞

4月10日 電撃小説大賞

4月30日 講談社ラノベ文庫新人賞

4月30日 えんため大賞ファミ通文庫

4月30日 群像新人評論賞

2017年5月の新人賞・文芸賞

5月10日 日本ミステリー文学大賞新人賞

5月31日 『このミステリーがすごい!』大賞

2017年6月の新人賞・文芸賞

6月30日 日本ファンタジーノベル大賞

6月30日 坊っちゃん文学賞


▲ このページの上に戻る