読み手と書き手の交流サイト

読むCafe
 

富士山、綿100%

M.M


約 1204

富士山を見に山梨まで行った。私が住む新潟県からは、渋滞だったことも合わせて五時間くらい掛かった。
 父の運転で、車に乗っているだけの私は呑気なものだ。でもずっと座っているのも案外大変なのだ。渋滞に入った辺りで起きたから許してほしい。
 最終的に、富士山は見られなかった。山の上の部分が雲に覆われていたからだ。
 山梨に着いてまず湖に行ったのだが、富士五湖と言われることもありそれぞれの湖の名前がわからない。昼食後に残りの四つに向かったのだが、最後の二つ三つの湖の周りを車で走っていたとき、私は眠っていた。母に運転を変わってもらった父もぐっすり寝ていた。
 富士山を見に行ったのだが、結果的においしいものを食べるだけの旅になってしまった。娘としては大満足だ。
 初めての吉田うどんを食べた。きな粉と黒蜜なんだから、おいしいに決まっている信玄ソフトを食べた。おみやげに富士山の形をした瓶に入った酒を買った。娘の私はだいぶエンジョイしていた。
 お腹が満たされて、多少の疲れもあって、二つ目の湖を車で一周した後はさっきの通り、ぐっすりだ。
 結果的に富士山の下の方だけ見て、湖のそばを歩いて、ご飯を食べて、……山梨のおやきはちょっと意外だった。私が知っているおやきは長野で食べるような形のものだったから。当然おいしかった。どっちのおやきもあんこが好きだ。
 家に帰ってから、仕事だった姉に旅の感想を聞かれた。富士山見れた? 見れなかった! うどん食べた? 食べた! 何しに行ったの? わかんない!
 雲があって富士山が見られなかったのもあって、その日の旅の目的はなんだったのか。途中から雨が降りだしたし、自分でもよくわからない。食べ歩き?
 雨が降ってよかったこともあって、帰りの高速道路で虹が見えた。しかも二回も。最初は一つの虹。次に見えたのは二つの虹。七色ハッキリと見える虹!
 虹なんて久しぶりに見た! とはしゃいでしまった。車が動いているから、スマートフォンのカメラで連写した。SNSはしてないし、撮っても見せる相手はいない。
 新潟に帰ってきて、高速道路から降りたら花火が見えた。折角だからと思って、スマートフォンのカメラで動画を撮った。やっぱり見せる相手がいない。多分、テンションが上がって歌っている私の声まで入っていると思う。動画を見返す勇気がない。
 富士山は見られなかったが、最終的に楽しい旅だった。雨が降ったから虹が見られたし、いつもより遅い時間に帰ったから花火が見られた。
 家に帰って、風呂に入って、道の駅で買った富士山のイラストが書いてあるTシャツを着た。どうして遠出をすると、ついうっかり買い物をしてしまうんだろう。普通なら二千五百円もするTシャツなんて買わないのに。
 予期せず綿百%だったから着心地がいい。今も部屋着として愛用している。これが一番、富士山らしい思い出かもしれない。