読み手と書き手の交流サイト

読むCafe
 

みんな輝け。村木多津男・詩集

村木多津男


約 10116

美しい一瞬をつかめ

この瞬間には永遠がつまっている
感動がつまってる
美しい一瞬に永遠をとどめよう
一点に全てが集まるブラックホールのように
美しい瞬間に生涯をかけたい
永遠と出逢うため
さあ 海へ行け
 
この砂粒には世界がつまっている
感激がつまってる
美しい一瞬を砂粒で見つけよう
一点に世界が集まるブラックホールのように
美しい世界に生涯をかけたい
永遠と出逢うため
さあ 夜空を見よう
 
 

馬鹿の天才

どうせおれには無理なのさ
私の力じゃムリですよ
本当に君はやったのか?
とことんやってできるまで
どうせ私は馬鹿だから
馬鹿なら続ける馬鹿になれ
あきらめない馬鹿ならば
決して馬鹿では終わらない
下を向くな星を見ろ
きっとお前は輝くさ
 
どうせおれには分からない
私の頭じゃ分からない
本当に君は考えたのか?
とことんやって分かるまで
どうせ私は馬鹿だから
馬鹿なら尋ねる馬鹿になれ
うやむや尋ねる馬鹿ならば
決して馬鹿では終わらない
朝起きて日の出見ろ
きっとお前は目覚めるさ
 
 

楽しいことを考えよう

信号待ちでいらいらしたら
ダジャレの一つも考えろ
イライラしたら
楽しくなるように工夫する
楽しいことは山とある
 
相手のことがイライラしても
楽しいことを言ってみろ
イライラしても
楽しくなるようにがんばろう
楽しいことが山とでき
 
 

井戸を掘れ

井戸を掘れ 井戸を掘れ
50メートル掘って出なくても
後1メートルで出てくるさ
後一掘り 後一掘り
ひたすら繰り返そう
 
井戸を掘れ 井戸を掘れ
私が掘って出なくても
次の世代が掘りあてる
無駄でない 無駄でない
未来に望みをつなげよう
 
 

人生積み重ね

緑、黄緑
樹々の葉は重なりあって
木漏れ日をつくり出す
積み重ね 積み重ね
輝くために人生 積み重ね
 
しぶき、青波
寄せる波は次から次へ
絶え間なく寄せてくる
こみあげる こみあげる
考え進み、思いは絶え間なく
 
 

ここで今を生きよう

今を生きよう 厳しい冬をしのげ
でも、未来の種を蒔くことは忘れちゃいけない
今の街で、今この場所を楽しもう
この街がいちばんになるように
この街がオンリーワンのナンバーワンに
 
今を生きよう 激しい嵐をしのげ
でも、未来の種はどこかに宿される
今の街で、今この場所を生きよう
この街がいちばん好きになる
この街がオンリーワンのナンバーワンに
 
 

この世界のすべて

この世界のすべては地球にある
だから、地球をよりよくしよう
この世界はバイキンに満ち満ちている
バイキンでさえ命を土に返す役目がある
君にもきっと生きる意味がある
 
この世界のすべては宇宙にある
だから、宇宙に心の翼をはばたかせよう
この世界は腐敗に満たされている
腐敗にさえ何かの目的があった
君も目的を持って腐敗に立ち向かえ
 
 

ダジャレンジャー忍者ー

君は忍者が適任じゃ?
味方の忍者は何人じゃ?
仲間の忍者を確認じゃ?
赤の忍者は他人じゃ?
やっつけた忍者は死人じゃ?
甲賀忍者は江戸赴任じゃ?
伝令の忍者は本人じゃ?
四人の忍者を誤認じゃ?
失敗した忍者は退任じゃ?
頭(かしら)の忍者は責任じゃ
 
 

無限

打ち寄せる波をただながめる
この海の中には
私の知らぬ世界がつまっている
私の知らぬことは無限にある
 
浜辺の砂を握ってみる
この砂を使えば
私の考えたものが作られる
私のできることは無限にある
 
 

この景色はもう見ない

この景色はもう見ない
ゴトゴト揺れる列車の
窓から見える家や樹
この景色はもう見ない
だからいとおしく
目に焼きつけよう
 
この景色はもう見ない
ゆらゆら揺れる雲の
変わりゆき続ける
この景色はもう見ない
だから 今を今を
とらえ続けよう
 
 

今日は別れる時だけど・・・

今日は 別れる時だけど 不思議な気がする
君の顔を見ると みんなとの思い出がよみがえる
楽しいこと つらいこと うれしこともあれば 悲しいことも
全ての思いが今の私を導いてくれた
思い出は過去を振り返るためにあるのではない
今日の自分をつくるためにある
だから私は別れることを悔やみたくない
ただひたすら今日を生きればみんなとの思い出がよみがえる
たとえ一緒にいなくても
 
 

今日会う人は

今日会う人は もう会えなくなるかもしれない
だから なるべくよい言葉をかけよう
もう会えないつもりで 一生懸命自分の気持ちを伝えよう
 
 

小学校一年生の時「がんばろう」ばかりの私が

小学校一年生の時「がんばろう」ばかりの私が中三の時4と5ばかりになったわけ
 
小学校一年生の時、早生まれで成績は「がんばろう」ばかりだった。
さらに二カ月入院して置いていかれた。
何とか二年生になれたが、母親によると「一ダースが12」ということも分からなかったらしい。
「この子はいったいどうなるのか」
と心配されたらしい。
しかし、入院中、図鑑を差し入れられた。痛い注射と退屈な時間、私は夢中で本に見入った。
その結果、小2の時、理科のテストは満点だった。成績は「りか」だけ「よくできる」だった。
「がんばろう」が当たり前で慣れ切っていた私に一筋の光が差した。
小学校の頃、おもちゃもなく兄と将棋を指した。そして、複雑さに挑んで、少しずつ、頭脳が磨かれた。
そして、農協祭で優勝をした。
中学三年生の時、私の成績は4と5ばかりになった。
 
今にして思えば、入院したことで本を読むようになり、世界が開けた。
 
「できないことを嘆くより、できることを一つでも作る」
 
今、壁を越えられない私とあなたに、この言葉を贈りたい。
 
 

Why do we study?

Why do we study?
 
Today, a baby is born somewhere in the world.
Does this baby live a happy life?
I want everybody to be happy.
We study, to think it nice to be born or to be alive.
 
Among the flood of information on the Internet and books that we can’t read , we pick out a splendid thing .
We learn the cultural heritage of mankind , make arrangements of the culture, and enrich our culture .
We learn human being , nature and art to live better by getting a rich culture.
 
There are a lot of difficult problems in the world .
Radioactivity has continued leaking out from the nuclear power plant.
People of Fukushima get angry .
” Give back nature” ” give back our houses “, ” give back safe water and air ,” ” give back the bond ,” ” give back a hometown ”
 
We cannot solve a difficult problem without thinking thoroughly..
We don’t know what is the problem , we are confused, and we don’t know what to do .
We do nothing but to untie the complex of tangled threads carefully and tenaciously.
We study to get accurate tenacious brains .
 
Everyone, let’s fight against a difficult problem ….disease that can not be cured , spreading poverty, and various discrimination .
We enrich the culture by creating a more interesting work .
For children who are born from now on think it nice to be alive
You think it good to be born .
 
なぜ勉強するのか
 
今日もどこかで赤ちゃんが生まれる。
この子は幸せな人生を送れるだろうか?
全ての人が幸せになってほしい。
「生まれてきてよかった」「生きててよかった」
と思える人生を送るために勉強するんだ。
 
読み切れない本やネットの情報のはん濫の中で、素晴らしいことを選び出す。
人類の文化財を学び、自分でアレンジを加え、文化をより豊かにする。
人間、自然、芸術を学び豊かな教養を身につけてよりよく生きる。
 
世界には難しい問題がたくさんある。
原発から放射能はもれ続けている。
福島の人は怒る。
「自然を返せ」「家を返せ」「安全な空気と水を返せ」「きずなを返せ」「ふるさとを返せ」
 
難しい問題は考え抜かないと解決しない。
何が問題かも分からない、頭の中がこんがらがって、どうしていいのか分からない。
たくさんの複雑にもつれた糸は丁寧にねばり強くほどいていくしかない。
ねばり強く正確な頭脳を身につけるために勉強するのだよ。
 
治せない病気、広がる貧困、いろいろな差別、難しい問題にみんなで立ち向かうのだ。
もっと面白い作品を作って文化を豊かにするのだ。
これから生まれてくる子どもたちが生きててよかったと思えるように
あなたが生きててよかったと思えるように。
 
 

気づかないだけ

梨の花は咲く、誰に見られるわけでもなく美しく咲く。
梨の花は人知れず、ただ咲く。
 
道なき道を分け入るとお地蔵さまがひっそりといらっしゃる
昔の信仰は途絶え荒れはてている
忘れ去られていくものに光を当てる
 
お地蔵さまをお参りする話を母にしたら、母方のお寺、長泉寺にお地蔵さまを奉納したのはマンボウの鈴木初蔵さんだとのこと、万年橋パークビルの鈴木基生さんの祖父だということが分かった。基生さんの祖先と私の祖先が仲良くしていたとのことだ。二人は何を思い何を語り合ったのだろうか?
 
お地蔵さまの縁で、一生知らずにいたかもしれないことが分かった。仏さまの導きなのか。基生さんとの縁はお地蔵さまに参拝することで母に語られた。
 
見えない縁の結びつきの一つに気づいた時、自分の知らない無数の縁に気づかされるのだった。過去を遡ればさらに見えない無数の縁に満ちている。
 
この縁は未来へと続いていく。梨の花の下での集いは次の縁につながるのだろう。
 
 

この駅は降りたことがない

この街にも人がいる 未知の営み
未知の街への道 未知の世界の人たち 未知の宇宙
 
昔の人に会えることはない
この街にも過去に人 未知の暮らし
それぞれの過去への道 過去の世界の人たち 過去の宇宙
 
未来の人に会えることはない
この街の未来はどうなる? 未来の暮らし
それぞれの未来への道 未来の世界の人たち 未来の宇宙
 
出会う人は限られている
今出会える人に祝福の魔法をかけたい
 
 

子猫ちゃん

何か視線を感じる あそこだ
近づくと逃げるにゃー 離れると寄ってくるにゃー
ねえ私の詩を創って
ねえ虹に行こう
いいのありがとう かみついてあげるにゃー
 
ぼくが獲物だったんだ 捕まった
呼んでも来ないにゃー 呼ばなくても来るんだにゃー
ねえ私の歌歌って
ねえ星が欲しい
あらーうれしい ひっかいてあげるにゃー
 
 

橋を架けろ

川に橋を架けろ
人々が行き来できるように
人の心と心に橋を架けろ
戦いをなくし社会が実るように
地球と人工衛星に橋を架けろ
宇宙エレベーターに乗って宇宙に行くように
太陽糸とシリウスに橋を架けろ
想像の翼に乗って羽ばたくように
何かと何かに橋を架ける
出会い、交流し、アイデアが生まれる
 
 

お金

お金はばらばらな価値を一つの物差しで統一しようとする。
そして、価値を交換していく。
お金は蓄えられる。
いざと言う時に助かるが貯蓄の差が格差を拡大させる。
ゲゼルは地域通貨を考えた。
期限が来ると価値が消えるのだ。
景気がよくなり格差を消すのだ。
お金は足りなければ工夫する。
必要なモノにしか使わなくなり、
お金の要らない生き方を工夫するようになる。
無駄をしないためにもお金はよい。
しかし、便利だけれど、お金が目的になると
多くのことが失われてしまう。
お金を使ってもお金の奴隷になってはいけない。
金は社会を豊かにするために使われるべきで、
人々を奴隷にするためにあってはならない。
 
 

つき抜けろ

つき抜けろ
天井を破ってつき抜けろ
つき抜ける生命力を持て
生きづらい日々の痛みを創造力に変えろ
破片の痛みが真珠をつくるように
爆発を創造のために制御せよ
水素と酸素の爆発を制御する
燃料電池のように
世の中で日に当たるのは
0.1パーセントにも満たない
どろどろとした魂の叫びを
作品を生む力に変えてつき抜けろ
 
 

アイデアを増やすために

テーマを決め素材を集めて組み立てる。
アイデアはこうして生まれる。
いろいろなことにこだわりを持ってテーマを豊かにする。
いろいろなことを知り、素材をたくさん知る。
組み立てるパターンをたくさん知り、いろいろといじりながら組み立ててみる。
こだわりと知識と組み立て方を増やし、多く試してみること。
 
 

ただでできること

ただでできること
「ありがとう」と感謝を伝えること、人に優しく接すること、
一緒に感動すること、相手をびっくりさせること、笑わせること、
相手に教えてあげること、対話をすること、
自分の考えを深めること、アイデアを出すこと、
創造すること、
ただで幸せになれることはたくさんある。
 
 

変身

私は変われる 変わるんだ
少しずつ 少しずつ
たゆまず前進を続けよう
 
これはできない いやできる
丁寧に 丁寧に
これができたらすごいんだ
 
 

我々は今世界とつながっている
世界へ向けて発言せよ
 
我々の言動は時空を超える
未来へ向けてメッセージを
 
 

根拠のない自信を持て

茂木健一郎さんは「根拠のない自信を持て」と言う。
小学生の夏休みの絵日記を見た。
「ディズニーシーに車中泊で行った」
「秋野不矩美術館に行った」
「スイスへ旅行に行った」
夏休み子どもたちは体験をして成長していく。
残念ながら何の体験もさせてもらえない子もいる。
スイスに行った子は根拠のない自信を持てる一方、
どこにも行かない子は劣等感にさいなまれる。
お金をかけなくても根拠のない自信を持てる体験はいくらでもある。
しかし、そんな体験を親にさせてもらえないなら、
自分で日常を面白くしなければいけない。
昔の子はおもちゃも自分で作った。
学校でテストができなかったこと、
何のとりえもないこと、
ネガティブな体験が根拠のない自信を打ち砕いていく。
少しずつ成長して、何か一つでもできるようになる。
そんな経験を積み重ねて劣等感を追い出そう。
根拠のない自信「自分はやればできる」
という心を築いて、明日に向かって走っていこう。
 
 

幼少の成功体験が人生を変えている

私は今までに静岡新聞に69回掲載された。
今、大学一年生の長谷川大地君は113回掲載されている。
小学校一年生から出ている。
絵のコンテスト、科学館での工作体験、将棋の数々の好成績。
森内名人との記念対局。
彼は、小さな時から根拠のない自信が、見える形で根拠のある自信に変わっていった。
私は日系ブラジル人の子にボランティアで教えている。
テレビ局の人が取材させて欲しいと言ってきたが、校長先生は断った。
彼は今、授業中に歌を歌い、隣のクラスの子もうるさくて困っている。
人の運命は、自分の努力だけじゃない。周りの人に恵まれた上で本人の努力が花咲くのだ。
 
Childhood of successful experience has changed our lives.
 
I was published 69 times in Shizuoka newspaper ever.
Now, Hasegawa Daichi, freshman of University has been posted 113 times.
We can read him from his first grade of elementary school.
Picture of the contest, work experience in the Science Museum, a number of good results of Japanese chess.
Memorial match with Master of Moriuchi .
His confidence without reason in his childhood, turned into confidence with evidence in a way that we can look.
I have taught at the volunteer to Japanese Brazilian children.
People of television stations has been said that I want to interview but, the principal refused.
He is now, to sing in class, in trouble also annoying children next to the class.
Fate of people, not just our own efforts. Our efforts bloom on that blessed with people around.
 
 

詩人

人にこびるのは詩人ではない。
人が求めていたものではないが、
「これが求めていたものだ」と感じるものを提案するのが詩人だ。
 
 

徳は孤ならず

自分のアピールしたいことを世に問う
みんなに訴えるな
ひとり一人つかまえるつもりで広めていくんだ
まず、私はあなたをつかまえる
 
 

飯舘村

震災後、津波で逃げてくる人のために、炊き出しをしていた。その途中で原発が爆発して放射能を浴びた。
妻は測った放射線の線量。居間、台所、寝室、庭、井戸、汚染が占領。カレンダーの裏に数値をメモしていった。その妻は飯舘にノーリターン。夫は住む熱い決意、夫婦は別居惨嘆。
今、飯舘へは遠くから通っている。そして、来年、避難解除となる。不安の残る水耕栽培、除染で安全は戻るのか。
線量の多い土を詰めた大きなフレコンバッグ、福島県内に915万個。でも、自然は強く飯舘の桜はカムバック。仮仮置き場という名の行きどころのない汚染物質。袋は5年しか持たない。そして、来年、期限を迎え出す。飯舘には除染作業員が通ってくる。
自警団のパトロール隊は、防犯のため朝5時から夜9時30分まで見回りをする。
長泥、比曽ゲートには門番、立ち入り禁止ではなく、「帰還困難地域」と責任逃れの看板。
ソ連は戻るのを禁止した地域、人類の大いなる挑戦で日本は住む区域。
積算、1200ミリシーベルトで平気な人あり、5ミリシーベルトで労災の人あり。年間20ミリシーベルトは自己責任。
住民は悪くないのに負う事故の責任。
飯舘の報道は放置。国はオリンピックを言いたてて報道。
放射線という名の地雷
先の見えない未来
戻りたくても戻れない人
それでも敢えて戻る人
どちらも悩みかかえて生きている
未来の夢の見通しを
偉い人よ苦闘して
 
 

障害者の性

愛し合い命を伝える
進化の中で障害をかかえて生きる
健康な人は超能力者、自分ができないことができる
能力のスペースは埋められない
自分でマスもかけない
人を好きになることは素晴らしい力、思いを告げよう
自分はダメだとか恥ずかしいとか、思ううちは、本当の愛じゃない
告白して当たって砕けろ
自分にもできることはある
私の命を輝かそう
枠を超えてわくわくしよう
私だってセイコウしたい
成長を遂げて世界を愛で満たそう
 
 

アーティスト,Artist

「あなたは詩人ですか」「あなたは音楽家ですか」「あなたは画家ですか」
何かが決まると目的が定まり全力を注げる
しかし、決まったことでしかがんばれなくなる
私が目指すのは詩人であって詩人ではない、音楽家であって音楽家ではない、画家であって画家ではない
私は人生を面白く、魅力的にする人でありたい
 
Are,you,a.poet?
Are,you,a,musician?
Are,you,an,artist?
If,you,decide,something,your,purpose,leads,you,to,do,your,best.
But,you,try,only,your,choice.
I,aim,a,poet,and,not,a,poet,a,musician,and,not,a,musician,and,an,artist,and,not,an,artist.
I,am,a,man,who,makes,the,life,interesting,and,attractive.
 
 

人はなぜ恋をするのでしょうか

人はなぜ恋をするのでしょうか
愛し合うことで生命(いのち)のバトン伝えてきた
私もあなたと愛の形生命を伝えていきたい
 
あなたに恋焦がれて
蛍のように輝くことで
愛する相手を呼び込みたい
私は自分を高めあなたの前で輝き
あなたを振り向かせたい
 
川は流れ雲は流れ
生命の輝き次から次へと
引き継がれていく
今私は輝きたい
あなたの瞳の中
私を見つめて下さい
 
人はなぜ恋をするのでしょうか
愛し合った祖先は数万世代さかのぼる
私もあなたと愛の証生命を伝えていきたい
 
あなたに恋焦がれて
雲のようにいつも出会える
あなたをいつも思い浮かべたい
私は雲より高くくもりなく輝く
あなたを見続けたい
 
桜咲き銀杏は散る
生命の輝きめぐりめぐる
死んでは代わりの生命が
今私は天に登りたい
あなたの瞳の中
私をつかまえて下さい